• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス

ウェザーアロマセラピスト

KAZUMAのお天気香るコラム37

市丸

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、気象予報士、健康気象アドバイザー。 現在、気象予報士でアロマセラピストの“お天気アロマセラピスト〈ウェザーアロマセラピスト〉”として活動中。(株)生活の木、他にて、「お天気のイタズラをアロマでケア」講座、「各種アロマテラピー資格取得対策講座」などを開講。


Facebook:市丸 数馬
ブログ:KAZUMAの☆お天気の香り☆
フレームヘッド

『閉塞成冬・熊蟄穴・鮭魚群』な季節

TOP
北方からほとばしる冷たく尖った絶叫に、“大”きな白“雪”のため息をこぼす日本列島。『大雪』のシーン。よく冷えた冬の缶詰の中で、ひんやりとした無垢な時が流れ始めます。
寒色の煙で塞がれる秘密の世界。横たわるのは、密やかにつぶやくペールトーンの冬香。しんと響き渡る一直線で透明な冬音。深くまで染み入るシンプルな冬彩。雪曇の下に潜り込む、奥ゆかしく、ささやかな営みの輝跡。「閉塞成冬<そらさむくふゆとなる>」な頃。
絡みつく冷えた指先。いたずらに頬をつねる指先。北風の指先。温かな空気を大切に抱き込むほどに、丸くなっていく背中。どっしりと座り込む冷気に、次第と増していく瞼の重さ。冬の尖らせた口元から、ゆっくりと吸い上げられていく意識。せめて、穏やかな優しい夢が見られますように。「熊蟄穴<くまあなにこもる>」な頃。
遠く記憶に焼ついた故郷を目指す、真っ直ぐな眼差し。最後の力を振り絞り、天に向けて掲げる拳。やがて、天に吸い込まれる体温。そして、天にゆっくりと昇りゆく命。かたわらには、エネルギーに満ちた希望の赤い宝石…。「鮭魚群<さけのうおむらがる>」な頃。

 
静寂の寒々とした声に、鳥肌が鳴く午後 折れそうな木枝のガイコツが、カタカタ笑う夜 旅人の行く手をふさぐ、冬の重たい扉 木枯らしの冷たい態度に、やせ細っていく首元 絶え間なく押し寄せる寒波に、擦り切れていく意識 空へ飛ばす視線をふさぐ、冬の凍てつく瞳 生気を吸い込まれて、少しずつ焦げていく魂 凍空に睨まれて、少しずつ固まっていく手足 沈みゆく命をふさぐ、冬の色無き呼吸 それでも、寒気の狂気をふさぐ、冬の“眠れる種子”たち
フレームボトム
フレームヘッド

『閉塞成冬・熊蟄穴・鮭魚群』な季節のアロマテラピー 

TOP
澄みわたるクリスタルの瞬きが、似合う時季となりました。
包み込む空気の色や香りが、限りなく透き通っていく夜。曇りかけた心の窓までもが静かに透けていく、いつもより少しだけ素直になれる夜。そして、天と地に銀色の紙吹雪を撒き散らかす、12月のパーティークラッカー。見上げれば、飛び散る双子座流星群のざわめき。見下ろせば、弾けるイルミネーションソーダのにぎわい。浮かれる街で踊るのは、シルクの旋律に乗せる、流線型のウィンターソングと、突き抜ける夜空を指差す、得意げなトライアングルツリー。
お部屋では、折り紙で作った星形などのマスコットに香りをつけて、クリスマスのリースやツリーに、香り華やぐイヤリングを輝かせてみてはいかがですか?寒さに閉じこもりがちな心を、きっと、ほっこりとした幸せな気分で包んでくれることでしょう。

ぬくもりの香り瞬く、キラキラ星のイヤリング <12月のイメージフレグランス>

[使用材料]
マスコット<折り紙で作成した星形など> ・封筒などの袋 1枚 ・カット綿<厚め> 1枚
精油 <モミ1滴・ローズウッド1滴・シダーウッド1滴>

モミ
(^−^)…偉大な森の温もりと、優しい甘さを感じさせるクリスマスツリーの香り。厳しさを増す寒さで、小さくなってしまった心と身体を、その懐の深さで大きく包み込み、じんわり温めてくれる精油。

ローズウッド
(^−^)…ウッディ―な落ち着いた香りを基調に、フローラルな明るさをトッピングした香り。ほんのりと漂う柔らかい甘さが、寒さで強張った心を解きほぐし、幸せな出来事を予感させてくれる精油。

シダーウッド
(^−^)…木の温もりに抱かれているかのような香りで、ほのかな甘みも感じさせる。寂しく凍えそうになった心身を、優しく包み込むように温め、穏やかに慰めてくれる精油。

[作成手順]
1 手に付かないよう注意しながら、厚めのカット綿に精油を垂らす。
2 しっかりと精油が染み込んだら、マスコットとともに封筒などの袋に入れる。
3 マスコットに香りが移ったら取り出し、クリスマスリースやクリスマスツリーなどに飾り付ける。
※吸湿性のある折り紙で作成したマスコットならば、直接精油を垂らして香りをつけてもよい。(色の染み付きなどが気になる場合は行わないこと。)

[使用上の注意]
基本的に、妊婦・授乳婦・子ども・皮膚炎(敏感肌含む)・高血圧・癲癇・腎臓疾患・肝臓疾患・心臓疾患・アレルギー・喘息・高齢者などの方は、精油の使用には十分な注意が必要である。事前に確認し、場合によっては使用を控えること。
色や香りの染みつき、汚れには十分注意すること。
精油原液が肌に付かないように注意すること。(万が一ついた場合は、大量の水で洗い流す。)
異常を感じた時は即使用を中止すること。(必要であれば医師の診察を受ける。)
適度な換気を心掛けること。
アロマテラピーは自己責任の原則で行うこと。

2013.12.09 掲載


フレームボトム
  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー