• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

11月の行事食レシピ

陰暦の11月は「霜月(しもつき)」と呼ばれる月です。「霜が降る月」というのが一番認知されている名の由来です。前月に出雲に出かけていた神々が、風に乗ってそれぞれの神社に帰ってくる「神迎えの朔日(ついたち)」があり、この日の前後には強い風が吹くといわれています。収穫が終わり本格的な寒さを迎える前に、収穫のために日々続いた重労働で疲れた体に栄養を補給する「油祝い」「霜月の薬喰い」の行事があります。


⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」    ⇒11月の記念日食レシピ    ⇒記念日の食


メニュー 所要時間 解説
11月1日 神迎えの朔日(かみむかえのついたち)
赤飯 お互いに少ない必須アミノ酸を補い合う、賢い食べ合わせ
60分(もち米を小豆のゆで汁に浸ける時間は除く) 出雲から神様が帰ってくるこの日には、お赤飯を炊き、お神酒を一緒に添えて神様をお迎えします。お赤飯はもち米と小豆で炊くごはん。この米と豆の食べ合わせは、米に少ない必須アミノ酸のリジンを豆が補い、豆に少ない必須アミノ酸のメチオニンを米が補うという理想的な食べ合わせです。また、小豆のビタミンB群・食物繊維・ポリフェノールが疲れを癒して体内をスッキリさせてくれます。よく煎ったごまをたっぷりかけてください。ごまの脂質が老化防止に有効に働きます。

⇒作り方


11月15日 女の神ごと
けんちん汁 豆腐を油で炒め、寒い冬に備える
30分 11月15日は油気のあるものを食べ、これからやって来る本格的な冬の寒さに備えるために、体の中から温まる具だくさんのけんちん汁を作ります。収穫の終わった時期であり、畑で取れた野菜を豊富に入れて作ります。豆腐をたっぷりの油で炒めることで良質な脂質を、野菜類でビタミン・ミネラル・食物繊維を取り、疲れた体に栄養を補給します。保存しておいた山菜類を加えると、食物繊維やミネラルをより一層豊富に取り入れることができます。11月15日に行われていた「油祝い」は、寒い冬を乗り切る先人たちの知恵から生まれた行事です。

⇒作り方




⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」    ⇒10月の記念日食レシピ    ⇒記念日の食


撮影:中村太