• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

4月の行事食レシピ

4月は桜の開花があり、薬効の高いよもぎが山野に芽吹く季節です。気温が徐々に上昇し春本番を迎えますが、実は後半に「寒の特異日」という寒さが突然にやってくる月でもあります。寒の戻りは大陸からの寒波や移動性高気圧による夜間の冷え込みなどが原因で起こる気象状況。体調を崩しやすいので気をつけましょう。


⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」    ⇒4月の記念日食レシピ    ⇒記念日の食


メニュー 所要時間 解説
4月8日 灌仏会(かんぶつえ)花祭り
草団子 ミネラル豊富なよもぎで作る
70〜80分 よもぎは全国の山野に自生する野草です。特有の香気を持ち、カリウム・カルシウム・鉄。亜鉛などのミネラルを多く含んでいます。中医学では食欲増進、殺菌、整腸、高血圧予防などの働きを持っているといわれ、広く民間療法にも利用されています。やわらかな新芽を摘み、熱湯に通してから冷水でアク抜きし冷凍保存をしておくと、いつでも香り豊かな草団子を作ることができます。

⇒作り方


甘茶 甘み成分は砂糖の約200倍
20〜30秒 甘茶は日本原産のユキノシタ科の落葉低木ヤマアジサイ(山紫陽花)やガクアジサイの変種で、小甘茶(こあまちゃ)との別名でも呼ばれています。葉は乾燥されると甘味成分のフィロズルチンとイソズルチンを生成し、その甘さは砂糖の約200倍ともいわれています。そのため砂糖を制限されている糖尿病の代用食品として利用され、生葉は歯周病にも効果があるといわれています。甘み成分のフィロズルチンは長時間煮詰めると苦味成分のタンニンが多く出て苦みを感じるので、茶葉は好みの味になったら取り出します。

⇒作り方


4月17日 山遊び(野遊び・野がけ・山行き)
野菜の煮しめ 免疫力を高め生活習慣病を予防する
70分(干ししいたけを戻す時間は除く) 根菜類を中心に作る野菜の煮しめは、ビタミンとミネラルが豊富に含まれ、生活習慣病の予防に優れた食べ物です。豊富なカリウムが体内のナトリウムを調整し、食物繊維が血中コレステロールや腸内の老廃物を排出します。抗酸化力に優れ、細胞の酸化を予防して免疫力強化に有効に働きます。

⇒作り方




⇒行事食は健康を維持する「食の知恵」    ⇒4月の記念日食レシピ    ⇒記念日の食


撮影:中村太