• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

むくみを取るレシピ

梅雨から夏にかけて、高温多湿の日本の気候は、肌に潤いを与えるメリットがある一方、体内に水分を溜めやすい季節です。気温が上昇するにつれて汗をかくことが多くなりますが、そのままクーラーなどで体を冷やすと体内の血液循環が悪くなり、むくみを引き起こしやすくなります。
利尿作用の高い食べ物を積極的に取り、体内に溜まった余分な水分を排出して、むくみを予防しましょう。
旬を迎えるそら豆、冬瓜、きゅうり、とうもろこしなどの野菜や、小豆や緑豆などの豆類やはと麦などがおススメです。


⇒むくみ予防に効くお粥     ⇒むくみ予防に効くスープ

⇒むくみを予防する食べ物     ⇒むくみを予防する生活      ⇒むくみのメカニズムと原因


メニュー 所要時間 解説
そら豆・きゅうり・白身魚のマリネ むくみを取り、コレステロール低下に働く
40分 そら豆・きゅうり・白身魚は、利尿作用を高めてむくみを取り去る食べ合わせです。そら豆は腎臓の機能を高めてむくみを取る作用に優れ、きゅうりのカリウムがその働きをさらに高めます。白身魚やマリネ液の不飽和脂肪酸が、コレステロール低下に働きます。

⇒作り方

そら豆と牛肉の和え物 植物性と動物性のたんぱく質が体力を強化する
10分 そら豆のカリウムは利尿作用に優れ、尿の出をよくしてむくみや水太りの予防に有効に働きます。そら豆の植物性たんぱく質と、牛肉の動物性たんぱく質を一緒に取ることで、体力の強化や回復が期待できます。

⇒作り方

そら豆ととうもろこしの海苔酢 豊富なカリウムが利尿作用を高める
15分 カリウムが豊富なそら豆・とうもろこし・海苔は、利尿作用に優れむくみを取る食べ合わせです。食物繊維も豊富に含まれ、腸の働きを整え便秘解消に働きます。カリウムは体内のナトリウムを調整し、血圧を安定させ、そら豆と海苔の豊富なビタミンCが美肌を作ります。

⇒作り方

冬瓜ときゅうりのカレースープ煮 加熱して利尿効果を高める
15分 冬瓜ときゅうりは、共に利尿作用に優れ、その作用は加熱することでより一層高まります。豚ひき肉をプラスして栄養価を高め、疲労回復やダイエットにも有効。香辛料のカレーが食欲増進に働きます。

⇒作り方

はと麦と小豆の薄焼きお焼き 便秘予防や美肌も期待できる
20分 たんぱく質が豊富で利尿作用のあるはと麦と、糖質とカリウムが豊富な小豆は、むくみを予防する食べ合わせです。はと麦と小豆は共に食物繊維を豊富に含んでおり、便秘解消に有効です。小豆のビタミンB1が疲労回復に、はと麦が美肌効果に働きます。はちみつを添えておやつにも向く一品です。

⇒作り方

はと麦と鶏ひき肉の揚げ肉団子 利尿や疲労回復も効果が高い
20分 体内の新陳代謝を活発にするはと麦は、利尿や鎮痛作用に優れ、古くから薬として利用されてきました。含有するたんぱく質はアミノ酸バランスに優れ、鶏肉と一緒に取ると、胃腸を強化し疲労回復に優れた食べ合わせになります。湿気の多い梅雨時のむくみを取り、体力強化に有効です。

⇒作り方

小豆ととうもろこしの炊き込みごはん 血圧安定や便秘予防に優れている
60分 小豆ととうもろこしのカリウムは、むくみを取り、血圧を安定させる食べ合わせです。共に含まれるビタミンB1が疲労回復に働き、豊富な食物繊維が、腸内の有害物質や老廃物を排泄して便秘予防に働きます。小豆の煮汁にはサポニンなどの有効成分が含まれているので、無駄なく利用しましょう。

⇒作り方

大豆・とうもろこし・小エビの明太和え 脳の活性化や老化予防も期待できる
10分 大豆のカリウムやサポニンはコレステロールを洗い流し、血圧を安定させて、むくみを予防する働きに優れています。とうもろこしのカリウムをプラスして、利尿効果や高血圧予防効果を高めます。大豆ととうもろこしのレシチンや、エビのタウリンが脳細胞を活性化し、老化予防も期待できます。

⇒作り方

緑豆・アサリ・キムチのチヂミ 利尿作用に優れ、免疫力も強化する
20分(緑豆と米を浸ける時間は除く) 緑豆は利尿や解毒作用に優れた豆で、豆類では抗酸化作用のあるカロテンを一番多く含んでいます。アサリは肝臓を強化すると同時に利尿作用を持ち、増血作用にも優れています。キムチやにらをプラスして、免疫力を高めます。

⇒作り方

緑豆と鶏肉のハンバーグ 鶏肉が水分代謝を調整し、コレステロール低下に働く
20分 緑豆と鶏肉は、利尿作用に優れむくみを予防する食べ合わせです。緑豆のカリウムやサポニンが利尿作用に、鶏肉が水分代謝の調整に働きます。良質な植物性と動物性のたんぱく質が体を強化し、鶏肉の不飽和脂肪酸がコレステロール低下に有効です。ダイエット食にもおススメです。

⇒作り方

緑豆・冬瓜・豚バラ肉の煮物 緑豆と冬瓜で、むくみや水太りを予防する
50分 緑豆と冬瓜は解毒や利尿作用が高く、むくみや水太りに有効な食材です。冬瓜の利尿作用は加熱するとより一層高まり効果が期待できます。豚バラ肉でたんぱく質をプラスして栄養バランスを整え、疲労回復にも有効です。

⇒作り方




⇒むくみ予防に効くお粥     ⇒むくみ予防に効くスープ

⇒むくみを予防する食べ物     ⇒むくみを予防する生活      ⇒むくみのメカニズムと原因


撮影:中村太