• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

秋の薬効果物レシピ

実りの秋は、さまざまな果物の収穫期。夏の暑さを経て成長した果物は、抗酸化物質の塊です。鮮やかな色や香りが、私たちの細胞の酸化を防ぎ、病気や老化から守ってくれます。豊富なビタミンやミネラルは生食が手軽でベストですが、時には目先を変えて、さまざまな食品と食べ合わせ、より栄養価の高いレシピを作ってみましょう。



⇒果物の効能        ⇒果物のおいしい・安全な食べ方


メニュー 所要時間 解説
梨とエビの海苔巻き 豊富な糖質が体や脳を元気にする
15〜20分 梨に含まれる豊富な果糖やブドウ糖は、すし飯の糖質と一緒に脳や体のエネルギー源となり、疲れを取り去り、体体力強化に働きます。梨に含まれるたんぱく質分解酵素が、エビの良質なたんぱく質を効率よく分解して消化を高めます。海苔でビタミンCとビタミンAを補い、海苔とエビがコレステロール低下に働きます。

⇒作り方

梨と豚肉の生春巻き 体力が強化され、高血圧の予防にも有効
30〜35分 梨と豚肉は、梨のたんぱく質分解酵素が、豚肉の消化吸収に働くため、体力がつく食べ合わせです。梨の豊富な水分と、豚肉のビタミンAが粘膜の強化に働き、喉や器官を潤します。しいたけとブロッコリースプラウトで抗酸化力を高め、高血圧予防にも有効です。

⇒作り方

ぶどうとホタテ貝柱のヒジキマリネ 便秘解消、高血圧や動脈硬化の予防に働く
15分 ぶどうの主成分の糖質は、即エネルギーに変換されるため、体や脳の疲れに有効です。ぶどうの食物繊維のペクチンとヒジキの食物繊維が、腸内環境を整えて便秘を解消し、コレステロール低下に働きます。さらにホタテに含まれるタウリンが、血中コレステロールを下げるため、高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。

⇒作り方

ぶどうと鶏肉の炒め煮 体力強化、疲労回復に効果が高い
15〜20分 ぶどうの糖質やビタミンB1と鶏肉の良質なたんぱく質と脂質は、体力がつき、疲労回復に有効な食べ合わせです。鶏肉は消化に優れ、特に病後の体力回復に効果があり、ぶどうの酸味が食欲増進に働きます。

⇒作り方

柿の牛肉巻きおにぎり 牛肉の栄養素が無駄なく取れる食べ合わせ
15〜20分 柿はビタミンCや、体内のナトリウムを排出するカリウムが豊富な果物です。栄養価の高い牛肉は鉄分も豊富で、貧血や冷え性に有効です。柿のカリウムが牛肉のコレステロール低下に働き、さらにごまの不飽和脂肪酸がプラスされ、牛肉の栄養素が有効に取り入れられます。

⇒作り方

柿と黒豆の白和え 血中コレステロールが低下し、美肌作りも期待できる
10〜15分 柿、豆腐、ごまはそれぞれ血中コレステロールを低下させる働きを持ち、高血圧や動脈硬化の予防に有効な食べ合わせです。柿のカロテンやビタミンC、豆腐やごまのビタミンEの働きが、老化を防止し美肌作りに有効です。黒豆のリノール酸がコレステロール低下や老化防止をさらに高めます。

⇒作り方

栗としいたけのカレー 体や脳を嫌気にし、老化予防も期待できる
50〜60分 栗の主成分の糖質はエネルギー源として働き、体や脳を元気にする働きを持っています。栗には糖質をエネルギーに換えるビタミンB1が含まれており、玉ねぎの硫化アリルがその働きを高めるため、疲労回復力に優れています。しいたけやにんにくの抗酸化力がプラスされ、老化防止も期待できます。

⇒作り方

栗と豚バラ肉の煮込み タンニンとβ―グルカンでがんを予防する
90分 栗の渋皮には抗酸化力の高いタンニンが含まれています。しめじやまいたけのβーグルカンの働きと一緒に抗がん作用に働きます。豚肉のビタミンB1が疲労回復に有効に働き、集中力を高めます。栗ときのこに含まれる食物繊維が、高血圧や動脈硬化、便秘予防に有効です。

⇒作り方

いちじくとイカのそばサラダ 高血圧や動脈硬化を予防する
10〜15分 いちじくとそばの糖質は、即効性の高いエネルギー源として、疲れを癒す力に優れています。いちじくのたんぱく質分解酵素が、イカのたんぱく質の消化を高め、食物繊維が便通を整えます。いちじくのカリウム、イカのタウリン、そばのナイアシンが血中コレステロール低下に働き、高血圧や動脈硬化の予防に有効に働きます。低カロリーでダイエットにもおススメです。

⇒作り方

いちじくとカキの天ぷら 疲労を回復し、虚弱体質を改善する
15分 いちじくとカキは共に糖質が豊富で、貴重なスタミナ源として疲労を回復し、虚弱体質改善にも向く食べ合わせです。カキに豊富に含まれる亜鉛は味覚障害や免疫力を強化し、タウリンが悪玉コレステロール減少に働きます。いちじくのカリウムの働きと一緒に、動脈硬化を予防します。

⇒作り方



⇒果物の効能        ⇒果物のおいしい・安全な食べ方


撮影:上総均 撮影助手:泉田幾子