• お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー

お正月レシピ特集 お雑煮

おせち

 「雑煮」の語源は「煮雑=にまぜ」。いろいろな食材を一緒に煮合わせたことから、こう呼ばれるようになったといわれています。その歴史は古く、室町時代にはすでに食されていたといわれています。室町時代は武士の社会。当時、武士の宴では酒の肴としてまず振舞われたのがお雑煮でした。お雑煮は宴の一番始めに口にする料理のため、縁起がよいとされ、その風習がやがて一年の始まりの元旦に食べるようになったと伝えられています。

 今、お雑煮におもちはつきものですが、当時、米は貴重な食糧。「ハレの日」の食べ物でした。新年を迎えるおめでたい日のために、もちをついて神様にお供えし、元旦の朝にそのお供えをいただくのがお雑煮でした。とはいえ、一般庶民がお雑煮におもちを入れて食べられるようになったのは、もちが手に入りやすくなった江戸時代になってからといわれています。

 お雑煮の味付けやもちの形の違いは、すでに江戸時代にあったといわれています。味付けは大きく分けてしょうゆ味と味噌味。もちの形は、丸もちと角もち。一緒に煮る具はそれぞれの地域で取れる山海の食材でした。神様に供えるおもちを除いて、お雑煮は地域ごとに、家庭ごとにさまざまなバリエーションを生み、発展していきました。

 栄養バランスに優れ、免疫力を高めるお雑煮を紹介しましょう。

 
野菜がメイン
魚がメイン
肉がメイン
しょうゆ汁
大根+にんじん+
ごぼう+さといも
ブリ+大根+ほうれん草
鶏肉+さつまいも+小松菜
 
さといも+しいたけ+にんじん
鮭+かぶ+にんじん
※トッピング:イクラ
牛肉+ごぼう+かぼちゃ
白味噌汁
 
じゃがいも+玉ねぎ+しいたけ
カキ+ブロッコリー+じゃがいも
豚肉+大根+春菊+にんじん
赤味噌汁
 
小豆+かぼちゃ+落花生
小豆汁
 
納豆+なめこ+油揚げ
納豆汁

■お雑煮のトッピング (薬味)
 
薬味とは書いて字のごとく、「薬」と「味」が合わさってできた言葉です。薬味をプラスすると、「味が引き立てられると同時に、薬効成分がプラスされる」ため、よりおいしくなり、より栄養価と薬効が体に取り入れられ、自然治癒力が高まります。薬味上手は健康上手でもあるのです。

(手前左から時計回り)
青のり、のり…ビタミン類とミネラル類の宝庫。シミ・ソバカスを予防する。
かつおぶし…脳の働きを高め、骨を強化する
ねぎ…胃腸を刺激し食欲を増進させる。
ごま…血管を丈夫にし、老化を防止する。


撮影:上総均 撮影助手:泉田幾子