• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
お天気豆知識
バックナンバー
梅雨前線の記号は?
 
 天気図で使われている前線の記号は、温暖前線寒冷前線停滞前線閉塞前線の4種類です。
 (図1→別ウィンドウで開きます)の天気図は昨年(2004年)6月7日午前9時の地上天気図(速報値)です。この日、北陸、東北にも“梅雨入り”が発表され、梅雨がない北海道を除き日本全国で“梅雨”に入った状態となりました。

 天気図には気圧が等しいところを結んだ等圧線が描かれており、高気圧や低気圧、台風だけでなく前線も描かれています。4種類の前線の違いはその記号を見るとわかります。天気図を北から南(上から下)へと見ながら、それぞれの前線がどのような記号で表現されているか見ていきましょう。
 樺太の北に中心気圧が996hPhの低気圧があるのが分かるでしょうか。低気圧の中心からオホーツク海の中央付近にかけて線状の円弧が描かれていて、線に沿って北側(上側)に黒く塗りつぶされた半円と三角が交互に描かれています。このような記号で表された前線を“閉塞前線”と言います。閉塞前線に沿って南下する(下に進む)と二つに分かれた円弧状の線があります。分岐点からカムチャッカ半島の南端にかけて東側に伸びているものには、その線上の東側(右側)に黒く塗りつぶされた半円が描かれています。これは“温暖前線”です。一方、分岐点から西側(左側)に樺太南部を通ってウラジオストック付近に伸びている円弧状の線の東側(右側)には、黒く塗りつぶされた三角が描かれています。これが“寒冷前線”です。関東の東から東北南部を通って九州北部にかけても弧を描くような線があり、その線上の北側(上側)には黒く塗りつぶされた半円が描かれ、南側(下側)には黒く塗りつぶされた三角が描かれています。この記号で表現された前線は“停滞前線”と言います。黒く塗りつぶされた半円と三角が線状に交互に並んでいるところは閉塞前線と似ていますが、その向きが違っていますね。

 (図1)の天気図の日に「北海道を除き梅雨に入った」と書きました。当然日本付近には梅雨前線があるはずですが、どれが梅雨前線なのでしょう?
 この天気図では、日本付近にある停滞前線が梅雨前線です。

 私は中学校の時に理科で“お天気”のことを習い、テレビやラジオ、新聞に載っている天気や天気予報、天気図にも興味を持ち始めました。梅雨前線という言葉が耳に入り、梅雨前線はどんな記号だろうと思い、教科書や参考書を探しましたが、それを表す記号はありませんでした。教科書や参考書を何回も読み、「“梅雨前線”は梅雨期に日本付近から中国大陸にかけて停滞する前線の総称」だということがわかりました。
つまり、温暖前線、寒冷前線、閉塞前線、停滞前線も梅雨期に日本付近から中国大陸に現れた場合は“梅雨前線”と呼ばれます。

(図2)2003年6月25日午前9時の地上天気図

 (図2)の天気図を見てください。2003年6月25日午前9時の地上天気図です。梅雨真っ盛りで、近畿から関東甲信地方の所々で雷を伴った強い雨が降り、近畿では浸水や落雷の被害も出ました。東海道付近に996hPaの低気圧があって中心から東西に伸びる前線があります。東に伸びるものは黒く塗りつぶされた半円が付いているから“温暖前線”です。西に伸びるものは黒く塗りつぶされた三角が付いているから“寒冷前線”です。この、温暖前線も寒冷前線も“梅雨前線”と呼ばれます。

  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー