• 各地の天気
  • 健康予報
  • 雨レーダー
  • 雲画像
  • 気圧配置図
  • 台風情報
  • 警報注意報
  • 世界の天気
  • 実況アメダス
  • 天気図類
  • お天気ライブカメラ
  • 気象データDLサービス
お天気豆知識
バックナンバー
メリーポピンズ
 
 ウォルト・ディズニーのミュージカル映画「メリーポピンズ」は、バンクス家の家庭教師になるため、ポピンズが傘を広げて空からやってきて繰り広げられる様々な楽しいお話です。お話の最初の方は、バンクス家を紹介しながらのジョークの連発でした。その中で、グリニジ天文台のことを言っていたのに気が付いたでしょうか。

彼女が行ったバンクス家の隣には海軍を退役した人が住んでいて、「お昼のドン」のように毎日決まった時間に大砲を撃ち時間を知らせていました。その時刻があまりに正確なので、グリニジ天文台が時間を聞きに来るというのです。その字幕を読んだときは、吹き出しそうになりました。映画では、その大砲の音による振動が大変なので、それに備える準備やその後動いた家具を直す仕草がおかしくて笑っている人が多かったのですが、このジョークに気が付く人は少なかったようです。

世界地図を見ると、緯度のゼロ度は赤道ですが、経度のゼロ度はイギリスを通っています。イギリスにある、グリニジ天文台が経度ゼロ度の子午線上にあります。ここでの時刻をグリニジ標準時といい、世界標準時になっています。日本では、東経135度の子午線が通っている明石天文台の時刻が日本標準時になっています。つまり、その大砲は、グリニジ標準時、世界標準時よりも正確だというジョークです。

大気に国境はありません。天気予報を行うには世界中の気象データが必要です。このため、各国の気象機関には気象観測データや解析・予報資料などを国際交換するネットワークがあり、気象庁はアジア諸国や環太平洋地域に対して重要な役割をしています。その情報の中には予想図を含む天気図もあります。このため、専門向けの天気図や予想図は世界標準時が使われています。

(図1)は気象庁から全世界に向けて送られている天気図の中の地上天気図です。
地上天気図
(図1)国際式記号を使って描かれた地上天気図
(2002年10月1日午後9時:日本時間)
天気記号はすべて全世界共通の記号が使われており、新聞などで目にする天気図の記号とは違っています。様々な説明も英語で書かれています。天気図の左上と右下に四角で囲まれた部分があり、その中段には「011200UTC OCT.2002」と書かれている部分があるのがわかるでしょうか。これは、世界標準時で2002年10月1日12時という意味です。日本とイギリスの時差は9時間ですから、日本時間に直すと2002年10月1日午後9時となります。

ところで、この天気図を見ると台風21号が関東地方にあり、この時間に茨城県南部の潮来では強い風で、高圧線鉄塔が倒れました。台風21号の国際名はHigos(ヒーゴス)で、「イチジク」という意味です。大変なイチジクでした。

気象観測も世界標準時によって、全世界同時に行われています。天気予報では立体的な空気の流れを考える必要があるので、地上の気象データだけでなく上空の気象データも必要です。高層気象観測所は地上観測所ほど数が多くありませんが、そこではヘリュームを入れた気球に観測機器をつけて上空に揚げ、気温・湿度・気圧・風を観測しています。(図2)は世界の高層気象観測網、(図3)は日本の高層気象観測所がある場所です。
世界の高層気象観測網
(図2)世界の高層気象観測網(1995年現在)
日本の高層気象観測所
(図3)日本の高層気象観測所
この観測は1日2回行われており、日本時間では午前9時と午後9時です。観測は観測時刻の少し前に終わります。例えば、午前9時の観測ならば、午前8時50分から午前9時の間です。その後、観測結果を整理して送るのには1時間近くかかります。しかし、9時間の時差があるイギリスでは、観測時間が午前0時と正午になります。真夜中と、昼ご飯のときです。でも、観測されたデータは世界中で使われますからすぐ送らなければなりません。イギリスでは眠い目をこすりながらデータを整理し、空腹を我慢しながらデータを整理して送っていることになるのでしょうか。本当にご苦労様です。
  • お天気レシピ
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • スキー情報
  • サクラ情報
  • お天気アロマテラピー
  • わたしてんき
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • バイオウェザー川柳
  • 生きもの歳時記
  • 異常気象時代のサバイバル
  • お天気豆知識
  • 暮らしの中のバイオクリマ
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く
  • お天気カレンダー